ぺさのブログ

ぼっちのリア充

病み短編小説載せます 

おかしな目的

f:id:sekihansoba:20200905193605j:plain

1人のようなものだった
親に見捨てられ
友達や恋人にも裏切られ
途方に暮れながら
気がつくと
僕は死に場所を探してさまよっていた

そんな
死に場所探しの旅の途中
気持ちの悪い怪物に出会ったんだ

 

 気持ちの悪い怪物は僕を見て聞いてきた
おまえを殺していいか?って

僕は殺していいよって答えたけど
怪物は不服そうに
おまえはつまんないから殺さないよって
どこかへ消えた

僕はその後
1人で死に場所を目指して歩いていた

歩けば歩くほど人が死んでいることに
気づいて悲しくなった

みんな怪物に殺されていて
みんな僕より面白い奴だったと
思うと悲しくなった

生きてるやつはいないのか 
僕よりつまんないやつは・・・

夢中になって探したけれど
僕以外誰もいなかった

僕がつまんないと思っていた
タレントもクラスメイトも教師も
みんな殺されているのを見つけた

そして段々僕は
世界で一番つまんない奴のように
思えてきて
とても惨めな気持ちになったんだ

僕は世界で一番つまんない奴なのか?
あんな気持ちの悪い怪物に
バカにされるぐらいの・・・


納得できない僕は面白いはずだ

 

あの怪物はどこにいるんだ?
僕はお前を笑わせてやる。

 

ザッザッザッザッザッ

 

シーンと静まりかえった
死体だらけのこの世界に
僕の足音だけが聞こえる

 

ああ人間だけじゃなかった・・
猫も殺されてる僕は猫以下か
犬も殺されてる僕は犬以下か
豚も殺されてる僕は豚以下か

死体をみればみるほど悲しくなって
なんで僕は
怪物にこんなに
はまらなかったんだろうと疑問に思った

それとも逆におまえには可能性があるから
生かしているんだよってことなのか
考えれば考えるほど怪物に会いたくなった
僕はお前を笑わせてやる

 

いま僕は怪物に殺されるためだけに
生きている
僕以外殺されたこの世界で
殺されることを希望にしてる

 

そんなおかしな目的を

怪物に話したらきっと笑う気がして・・